【最短】Webマーケティング職に独学で転職する方法

※プロモーションを含みます

Webマーケティングで集客や売り上げを上げることが当たり前になった今、Webマーケターの採用も増えています。

そして、未経験からWebマーケティング職への転職を目指している方も多くいる状況です。

そうした方の多くが、「独学」でWebマーケティング職への転職を目指されているのではないでしょうか。

悩む人

でも、独学でWebマーケティングのどういうことを学べばいいのか。

悩む人

独学だけで本当にWebマーケティング職に転職できるのか。

こうした疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、この記事では、以下のような疑問を解消していきます。

・そもそもWebマーケティングは独学だけで転職できるのか
・独学でWebマーケティング職に転職にするにはどうすればいいか
・独学で効率的にWebマーケティングを学習する方法
・実体験!未経験から独学でWebマーケティング職に転職した方法
・Webマーケティングを独学して転職する際の注意点
・最短でWebマーケティング職へ独学だけで転職する方法

筆者自身も未経験からWebマーケティング職への転職を「独学のみ」で実現させています。

未経験から、独学でWebマーケティング職への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWebマーケティングとは?という方は、下記の記事も合わせてご覧ください。

目次

Webマーケティングは独学だけで転職できるのか

Webマーケティングは独学だけで転職できるのか、疑問に感じられている方もいらっしゃるかと思います。

結論、Webマーケティングは独学だけで転職可能です。

もちろん、Webマーケティングスクールなどに通って、より確実に転職する方法もありますが、独学のみでも転職することは可能です。

事実、私自身も未経験から独学のみでWebマーケティング職への転職を果たしています。

かまりょ

私の実体験についても、後ほど詳しくご紹介します。

独学でWebマーケティング職に転職するにはどうすればいいか

では、独学でWebマーケティング職に転職するにはどうすればいいでしょうか。

具体的には、以下の方法があります。

・書籍や動画、ブログなどで勉強し、学んだことをアピールする
・実際に学んだことを元に、自分でブログ運営や広告運用などをしてみる
・Web広告代理店に入社する

それぞれ詳しくみていきましょう。

書籍や動画、ブログなどで勉強し、学んだことをアピールする

まず、最も一般的な方法は、「書籍や動画、ブログなどで勉強し、学んだことをアピールする」ということです。

メリットとしては、誰でも手軽に取り組むことができるということです。

かまりょ

ただし、手軽だからこそ差別化は難しいということは覚えておきましょう。

正直な話、Webマーケティング職への転職を目指しているのであれば、これは必須で行うべきことと言えます。

未経験からWebマーケターを目指す場合、しっかりと勉強できる人なのかという部分はしっかりとアピールするべきことです。

「書籍や動画、ブログなどで学んだことを御社(実際に採用面接を受ける企業)でどう生かしたい」という部分まで語ることができれば、面接官にも納得感を与えることができるでしょう。

実際に学んだことを元に、自分でブログ運営や広告運用などをしてみる

続いての方法は、「実際に学んだことを元に、自分でブログ運営や広告運用などをしてみる」ということです。

正直、ここまでできれば、他の人と大きく差別化することができます。

なぜなら、実際に自分でブログ運営をしていたり広告運用をやってみたという人は限りなく少ないからです。

かまりょ

実際に行動するだけでも素晴らしいですが、そこからさらに、どう改善して成果を出せたかということまで語れたら、採用されること間違いなしです。

かまりょ

私も未経験OKのWebマーケターの採用に携わったことがありますが、ここまでの経験をしていた人はいませんでした。
他の候補者の方と差別化するためにも、自分でブログや広告運用などはぜひチャレンジしてみてください。

Web広告代理店に転職する

3つ目の方法は、Web広告代理店に転職する方法です。

花子

えっ、Web広告代理店に転職するのって難しいんじゃないの?

そう感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はWeb広告代理店への転職はそこまで難しくありません。

Web広告代理店の場合は求人数自体が多いのと、未経験からでも営業職や販売職から転職して成果を出している人も多いので、再現性の高い方法といえるでしょう。

Web広告代理店の特徴としては、自分の会社ではなくクライアント企業のWeb広告運用に携わる機会があるので、スキルの習得が早いという特徴があります。

そうしたメリットがある反面、担当するクライアント企業の数が多いと激務になったり、休日でも連絡がきたりなど場合によってはブラックと感じるようなWeb広告代理店もあるので注意が必要です。

ブラック企業の定義は個人によって違いますが、辛い仕事と感じる人も多くいるでしょう。Web広告代理店は、比較的離職率が高くなりやすいので、入れ代わりが早いという特徴も合わせて覚えておきましょう。

独学で効率的にWebマーケティングを学習する方法

独学で効率的にWebマーケティングの学習をする方法としては、アウトプットを多めにするということです。

勉強というと、どうしても本を読んだり動画やネットで情報を得たりなど、インプットをイメージしてしまうかもしれませんが、インプットばかりしていても頭でっかちになってしまい、実践で活かすことができません。

アウトプットをするようになると、インプットの質自体も高くなります。

なぜなら、アウトプット前提でインプットをするようになるからです。

具体的なアウトプット方法

具体的なアウトプットの方法としては、一番手軽なのがTwitterなどのSNSを使って情報発信することです。

ブログやYouTubeなども活用すると、よりWebマーケターとしての市場価値も上がることでしょう。

最初のうちは、思った通りにアウトプットができないことも多いと思います。

ですが、数をこなしていくうちにアウトプットの精度も高くなっていくでしょう。

かまりょ

アウトプットの習慣は、ぜひ今のうちから身につけておきましょう。

実体験!未経験から独学でWebマーケティング職に転職した方法

ここからは、実際にわたしの体験談として、未経験から独学でWebマーケティング職に転職した方法をご紹介します。

私の場合、営業職の経験を活かして、Web広告代理店に転職をしました

Web広告代理店は、自分の会社ではなく別の企業(クライアント)のWebマーケティングを支援する会社です。

Web広告代理店の場合、Webマーケティング未経験からでも募集を出しているケースが多いので、未経験からでも転職しやすいのが特徴です。

そして、自分の会社ではなく、クライアント企業複数社のWebマーケティングを経験することができるので、経験値を高めやすいのも特徴です。

かまりょ

未経験からWebマーケティング職を目指す人は、Web広告代理店への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、Web広告代理店の場合は、複数のクライアント企業を担当するため、タスク量が増えて激務になりやすかったりするのでその点は覚悟しておきましょう。

かまりょ

自分を鍛えたいという人にはうってつけの環境と言えるでしょう。

Webマーケティングを独学して転職する際の注意点

Webマーケティングを独学して転職する際の注意点は、以下の通りです。

・インプットだけに偏りすぎない
・未経験者向けの求人は少ないということを覚悟しておく
・自分一人だけで全てをやろうとしない

これらの点に注意しておかないと、独学のみでのWebマーケティング転職を実現する可能性が低くなってしまいます。

それぞれ具体的に解説していきます。

インプットだけに偏りすぎない

インプットだけして知識を身につけても、実践で役立てることができなければ意味がありません。

頭でっかちで知識がいっぱいあったとしても、それを実行して得られる成果や経験がないと何の意味もないのです。

かまりょ

企業は成果を上げられる人を求めています。もちろん、人柄や企業文化にフィットするかなども重要な要素ですが、中途採用の場合は基本即戦力が求められます。

未経験者向けの求人は少ないということを覚悟しておく

未経験者向けの求人は少ないということは、あらかじめ覚悟しておきましょう。

これはどの職種にもいえることですが、中途採用の場合は経験がある人の方が優先して採用されやすいです。

企業側としては、なるべく教育コストをかけずに活躍してくれる人材を探しています。

もちろん、未経験者向けの求人がないということではありませんが、求人数自体が少ない中、ライバルが多いということも認識しておくことが大事です。

そのため、選考に通過しにくいということはあらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。

自分一人だけで全てをやろうとしない

3つ目の注意点は、自分一人だけで全てをやろうとしないということです。

未経験者向けの求人が少ないということは前述の通りですが、そうした状況の中で自分一人だけで転職活動を進めようとすると、なかなかうまくいきにくいでしょう。

そこで重要になってくるのが、転職のプロ(転職エージェント)の存在です。

転職エージェントに相談することで、自分の市場価値がわかったり、未経験からWebマーケティング転職を成功させるためのアドバイスをくれたりします。

求人も、自分一人で活動していては巡り会うのが難しい求人を紹介してくれるので、ぜひ相談してみるようにしましょう。

ちなみに、転職エージェントの利用料は基本的に無料なので、2〜3社ほど転職エージェントを利用してみて、しっくりくるところを見つけることをおすすめします。(あまり多くなりすぎると管理が大変になるので、2〜3社くらいが妥当なラインだと思います。)

Webマーケティング転職に強い「おすすめの転職エージェント」については下記の記事に纏めていますので、合わせてご覧になってみてください。

最短でWebマーケティング職へ独学だけで転職する方法

最短でWebマーケティング職へ独学だけで転職する方法は、Web広告代理店の営業職に転職することです。

私の実体験の中でもご紹介しましたが、Web広告代理店は未経験者でも採用されやすく、常に求人が出ていることが多いです。

かまりょ

それだけ離職率も高いということも想像できますが、自分を鍛えるという意識を事前に持っておけば、乗り越えることができるはずです。

営業経験や販売経験がある人なら、Web広告代理店の営業職は比較的転職がしやすいはずです。

もし営業経験がないという場合でも、コミュニケーション能力に難がなければ、採用される可能性は高いです。

最も短期間でWebマーケティング転職を実現でき、スキルも高めやすいWeb広告代理店への転職も視野に入れて、転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

ただし、営業職の場合は残業が多くなりがちなので、全く残業したくないという人や、顧客とコミュニケーションを取るのが苦手という人は避けた方がいいでしょう。

より確実にWebマーケティング職に転職するためには

ここまでWebマーケティング職に独学で転職する方法をご紹介してきましたが、やっぱり不安という方も中にはいらっしゃるかと思います。

そのような場合は、Webマーケティングスクールの活用をおすすめします。

Webマーケティングスクールの特徴は以下の通りです。

・未経験からでも体系的にWebマーケティングを学べる
・スクールによっては実務経験まで積めるところがある
・転職のフォローもしてくれる

Webマーケティングスクールはカリキュラムが体系立てられているので、未経験でも安心してスキルを高めることができます。

スクールによっては実務経験(実際のクライアントを担当)することも可能です。

「転職できるかどうか不安」という方に対しても充実した転職フォローがついていることが多いので、気になる方は一度相談してみると良いでしょう。

Webマーケティングスクールは少し気になるけど、どこがいいかわからないという方のために、おすすめのWebマーケティングスクールを纏めていますので、合わせてご覧ください。

まとめ:Webマーケティング職に独学で転職することは可能

ここまで、Webマーケティング職に独学で転職するための方法についてご紹介してきました。

結論、未経験からでも独学でWebマーケティング転職をすることは可能です。

最短で転職したいなら、Web広告代理店の営業職がおすすめということもご紹介させていただきました。

ただし、一人だけでの転職となると苦労するので、転職のプロに相談した上で転職活動をすることが得策ということでしたね。

いきなりの転職が不安という方には、Webマーケティングスクールのような手段も有効となるので、自分の考えや状況に合わせて、それぞれ選択するようにしましょう。

Webマーケティング職に独学で転職するための手段をいろいろとご紹介させていただきましたが、実際に行動(アクション)を取らないことには未来は変わりません。

ぜひ、自ら行動を起こしてより良い未来(キャリア)を築いてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Web広告代理店にて、Webマーケティングのいろはを学ぶ。上級ウェブ解析士の資格を取得後、事業会社(投資教育サービス)に転職。インハウスでWebマーケティングを行う。自社のオウンドメディアでは、0から立ち上げて月間60万PVまで成長させることに成功。その他、リスティング広告やSNS広告などの運用も行う。現在は、某大手美容医療クリニックのWebマーケティングに携わり、月間約5億円の予算を運用し、更なる知見を貯め続けている。

コメント

コメントする

目次
閉じる