《再現性あり》転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるには

転職したいけどスキルがない30代
※プロモーションを含みます
悩む人

30代でスキルに自信がないけど、転職したい

悩む人

30代が転職するにはやっぱりスキルが必要なのかな

こうした疑問にお応えします。

かまりょ

こんにちは、Webマーケターのかまりょです。
34歳で7社目の転職に成功し、年収を上げることができました。

30代の転職と聞くと、30代の転職は厳しいは本当?実体験を元に解説の中でもご紹介していますが、どうしても20代の時よりも厳しいという印象を持ちますよね?

実際問題、30代に入ってからはより即戦力としての経験値や実績を求められることが多いので、スキルがないから転職活動が不安という30代の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではスキルがない30代でも転職活動を成功させるための方法について、考察していきます。

30代で7回目の転職を成功させた私が、採用活動に携わった実体験も交えながら、具体的な方法論をご紹介します。

目次

スキルがない30代でも転職可能

まず結論からお伝えすると、スキルがない30代でも転職をすることは可能です。

しかし、ただ闇雲に転職活動をするだけでは、なかなか結果に繋がらないでしょう。

そもそも、30代の転職活動では即戦力としての採用を検討する企業が多いので、スキルがないと転職をしにくいというのは現実問題としてあります。

そのため、スキルがない30代が転職をする為には、戦略的に転職活動を進めていくことが必要になります。

どのように転職活動を進めていくべきかについては、この後詳しく解説していきます。

転職したいけどスキルがない30代は今すぐ転職活動を開始すべき

転職したいけどスキルがない30代の場合、どうしても転職活動をすることを躊躇してしまいがちですが、悩んでいるようであれば今すぐ転職活動を開始するべきです。

そもそも、自分自身に需要はあるのか。

現状の評価はどうなのかということを確認することで、どういう行動をしていくべきかが明確になっていくのです。

転職活動をする際はただがむしゃらに進めればいいというものではありません。

いくつか注意しておく点もあるので、この後解説していきます。

転職したいけどスキルがない30代の転職の進め方

実際に、どのように転職活動を進めていけばいいかについて、ご紹介していきます。

具体的な流れとしては、以下の通りです。

・自己分析
・書類作成
・リサーチ
・転職エージェントに登録
・選考を受ける

STEP
自己分析

まずは、自己分析から始めます。

自分は今までどういう経験をしてきて、どうなりたいのか。

どういう目的があって転職しようとしているのかなどを、自分の中で深く考えていきます。

この自己分析が徹底的にできると、「スキルがないと感じていたものの実はこういうスキルや経験があった」ということも見えてくるので、侮らずに徹底的にやることをおすすめします。

STEP
書類作成

自己分析を徹底的に行ったあとは、転職面接用の書類を作成していきます。

用意するものは、履歴書職務経歴書です。その他ポートフォリオと呼ばれる作品が用意できると強いですが、スキルがない方の場合は作成が難しいかと思うので、ここでは割愛します。

特に、職務経歴書は今までの経験やスキルを見られることが多いので、しっかりと作り込みましょう。

不安な場合は、転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。

STEP
リサーチ

書類作成ができたら、リサーチをしてみましょう。

まずは転職サイトで求人を見てみるなどして、どういった募集が出ているのかを把握していきます。

募集要項や求める人材などの部分を確認することで、自分の経験やスキルで応募できそうかどうかをある程度把握することができます。

未経験OK」と書いてあるような求人は、そこまでスキルを重視しない傾向にあるので、そうした企業は狙い目といえるでしょう。

ただし、その分ライバルが多くなることも予想されますので、しっかりと準備していきましょう。

また、自分に合いそうな転職エージェントについても、この段階でリサーチしておきましょう。

STEP
転職エージェントに登録

事前にリサーチしておいた転職エージェントに登録していきます。

30代の転職に強みがある転職エージェントを活用すると良いでしょう。

20代や第二新卒向けのような転職エージェントの場合、そもそも利用できない可能性もあるので、注意が必要です。

30代向けの転職エージェントに登録できれば、転職時の強い味方となってくれるでしょう。

STEP
選考を受ける

ここまで来たら、実際に選考を受けていきます。

転職エージェント経由で面接を受けることにより、事前にどんな質問が来るかや選考のポイントなどをエージェントが教えてくれたりします。

注意しておくべき点なども把握しておくことができるので、焦ることなく選考を受けやすくなるのも転職エージェントを活用するメリットです。

STEP
ブラッシュアップ

すんなり内定が出て採用されればいいですが、そうとも限りません。

その場合は、ブラッシュアップしていく必要があります。

現状、書類や面接の中でどこが課題になっているか。

どうすれば、もっと魅力的に自分をアピールすることができるのか。

転職エージェントやキャリアコーチングサービスなどを上手く活用して、自信を持った状態で面接に挑めるようにしましょう。

基本的には、上記のステップで転職活動を進めていくようにしましょう。

転職したいけどスキルがない30代が転職する時の注意点

転職したいけどスキルがない30代が転職する時の注意点は、以下の通りです。

・自分の考えに固執しすぎない
・一人だけで転職活動を進めない
・会社は辞めないで転職活動をする

一つずつ解説していきます。

自分の考えに固執しすぎない

まず、自分の考えに固執しすぎないことが大切です。

転職したいけどスキルがない30代の場合、スキルや経験に自信がないものの、生きてきた年数が長くなることにより変にプライドがあったりします。

かまりょ

私自身もプライドや自信があったりするので、気持ちはよくわかります。

かまりょ

ですが、変なプライドや自信は転職活動の際には邪魔になるので、極力出さないようにしましょう。

一人だけで転職活動を進めない

一人だけで転職活動を進めることは得策ではありません。

なぜなら、転職活動がうまくいっているのかいないのか、客観的に判断することが難しいからです。

そこは、無料で活用できる転職のプロ(転職エージェント)の力を借りましょう。

客観的に見て足りてない部分を指摘してくれたり、自分に合った求人を紹介してくれるので、転職エージェントと相談しながら転職活動を進めるようにしましょう。

会社は辞めないで転職活動をする

会社を辞めた方が転職活動に専念できると感じるかもしれませんが、必ず会社は辞めないで転職活動をするようにしましょう。

ブラック企業に勤務していて、残業続きで有休も取れない場合は仕方ないですが、基本的には会社に勤めている状態で転職活動をすることが得策です。

なぜなら、お金に余裕がなくなると正しい判断ができなくなるからです。

かまりょ

私自信も経験がありますが、会社を辞めた状態で転職活動をしてしまうと、お金の心配で正しい判断ができなくなり、内定をもらえた企業にとりあえず転職という判断をしてしまいがちです。

かまりょ

あとあと後悔することになるので、お金に余裕があるという人以外は必ず会社に勤めている状態で転職活動をしましょう。

転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるための方法

転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるための方法は、以下の通りです。

・今すぐ転職活動を開始する
・自己分析をして自分のスキルを見つめ直す
・転職エージェントに相談しながら転職活動をする
・キャリアコーチングを受ける
・未経験でも採用されやすい業界、職種にチャレンジする
・スクールに通ってスキルを身に付ける

それぞれ詳しく解説していきます。

今すぐ転職活動を開始する

先程もご紹介した通り、まずは今すぐ転職活動を開始しましょう。

転職活動といっても、まずは準備の部分をしっかりとしましょう。

いきなり面接を受けても採用には繋がりにくいので、しっかりと戦略を立てることが大切です。

戦略を立てた上で、自信を持って転職活動を進められるようにしましょう。

自己分析をして自分のスキルを見つめ直す

自己分析をすることで、一旦自分のスキルを見つめ直してみましょう。

転職したいけどスキルがないと思いこんでいる人の中には、実は自己分析をしてみることでスキルが発見できたというケースも存在します。

一人だけでの自己分析が難しいという場合は、転職エージェントやキャリアコーチングなどでプロの力も借りながら自己分析をしてみましょう。

プロの転職エージェントは、スキルや特性を見つけるために、様々な角度から質問をしてくれます。

そうすることで、自分ひとりでは発見できなかったスキルや強みを再発見することができるのです。

転職エージェントに相談しながら転職活動をする

自己分析のところでもお話しましたが、必ず転職エージェントに相談しながら転職活動をするようにしましょう。

転職エージェントは転職のプロなので、的確かつ客観的なアドバイスをくれることも多いです。

求人についても、自分ひとりだけでは出会えないような求人を紹介してくれることもあるので、自分自身の可能性を広げることができるでしょう。

ただし、自分に合っている転職エージェントを選ばないと思うような結果は得られないので、慎重にパートナーを選ぶようにしましょう。

キャリアコーチングを受ける

キャリアコーチングを受けるのも有効な手段の一つです。

キャリアコーチングとは、転職エージェントよりも深く、キャリアの悩みや不安について相談に乗ってもらえるサービスです。

転職エージェントに相談してみたけど、どうもしっくりこなかった」という人は、キャリアコーチングの活用も検討してみましょう。

キャリアコーチングの場合、性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが設計できるようになります。

有料サービスにはなりますが、本気でキャリアを見つめ直したいという人は、まずは一度無料相談などでキャリアについての不安や悩みを相談してみるとよいでしょう。

未経験でも採用されやすい業界、職種にチャレンジする

未経験でも採用されやすい業界や職種にチャレンジするのも、一つの手です。

営業職などは、比較的未経験でも採用されやすい職種です。

かまりょ

私が勤めていたWeb広告代理店は、スキルがない未経験の方でも営業職として入社されていました。

営業職は、比較的スキルがない方でも転職しやすいといえるでしょう。

最低限のコミュニケーション能力は必要になりますが、営業や販売などの職種は、私の経験上未経験でも転職しやすかったです。

転職サイトなどを見てみて、未経験OKなどの求人には積極的に応募してみて、反応を見てみると良いでしょう。

スクールに通ってスキルを身に付ける

スクールに通ってスキルを身に付ける方法は、転職したいけどスキルがない30代にとって最も有効な手段です。

そもそも、スキルがない状態から脱出することができるので、現状悩んでいることを根本から解決できる手段といえるでしょう。

ただ、自分自身が興味を持てる分野かどうかというのは重要です。

そして、できることならニーズが高い分野でスクールに通うようにしましょう。

英会話スクールは、一見英語のニーズが高そうに感じるかもしれませんが、スキルがない30代が今学ぶものとしてはおすすめできません。

なぜなら、英語のスキルだけあっても採用されることは少ないからです。

英語力自体はもちろん有効なスキルの一つですが、それ単体では勝負が難しかったりします。

スクールの選定を間違えてしまうと時間を無駄にしてしまうので、しっかりと吟味して選びましょう。

転職したいけどスキルがない30代にはWeb系のスクールがおすすめ

私がおすすめのスクールとしては、プログラミングやWebマーケティングなどのWeb系のスクールです。

Web系の仕事はいまだにニーズが高く、スクールでスキルを身に付けることができれば採用される可能性が高くなります。

特に、Webマーケティングスクールの中には実務経験を積めるスクールもあるのでおすすめです。

料金が安くておすすめのWebマーケティングスクールは下記の中で紹介しているので、興味がある方はご覧になってみてください。

転職したいけどスキルがない30代は行動あるのみ

ここまで、転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるための方法についてご紹介してきました。

結論、行動あるのみということになります。

一番確実な方法としては、スクールに通ってスキル自体を身に付けてしまうということでしたが、そもそも自分には何が合っているのかわからないということであれば、キャリアコーチングをしてもらうことで、納得感のあるキャリアを描けるはずです。

今すぐ転職したいという人は、一度転職エージェントに登録してみても良いでしょう。

悩んでいる時間は勿体ないので、今すぐ何かしらのアクションを取ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Web広告代理店にて、Webマーケティングのいろはを学ぶ。上級ウェブ解析士の資格を取得後、事業会社(投資教育サービス)に転職。インハウスでWebマーケティングを行う。自社のオウンドメディアでは、0から立ち上げて月間60万PVまで成長させることに成功。その他、リスティング広告やSNS広告などの運用も行う。現在は、某大手美容医療クリニックのWebマーケティングに携わり、月間約5億円の予算を運用し、更なる知見を貯め続けている。

コメント

コメントする

目次
閉じる